男の花贈りABC

メール、時々、花束。 
 気配り男子のスマートな花贈り

タイプは3つだけ!気分にあわせて選ぶ。
贈り方バリエいろいろ
フラワーギフトのスタイルは大きく分けて3つ。それぞれ特徴があり、気分や用途によって使い分けます。花屋の店頭で相談しましょう。

フラワーバレンタイン (12)[1].jpg

花束(ブーケ)

最もポピュラーなフラワーギフトのスタイルです。

花束(ブーケ)LinkIcon

フラワーバレンタイン (10)[1].jpg

アレンジメント

そのまま置いて飾ることができるスタイルです。

アレンジメントLinkIcon

204593 Springflowering Bulbs[1].jpg

鉢もの

季節ごとにバリエーション豊富で、お手入れも簡単です。

鉢ものLinkIcon


もっと
花贈り上手になるためのヒント

花を贈る場面や用途によって、上手な贈り方があります。地域によってもいろんなやり方があるので、店頭で花屋に聞いてみましょう。あなたにピッタリの贈り方をアドバイスしてくれます。

Q.花束とアレンジメントの使い分け方法は?

A.フラワーギフトの定番は花束ですが、お見舞いの際など、贈る相手に花を花瓶にいける手間をかけさせないため、そのまま置けて飾ることができるアレンジメントが選ばれることが多いです。また、開店祝い、個展開催の祝い、また、お悔みの時など1か所で花が多く贈られると想定される場合も、そもまま飾られるアレンジメントを選びます。ただし、ピアノの発表会などでは、渡しやすく持ち帰りもしやすいため、花束が贈られるケースが多いです。

Q.鉢ものを選ぶのはどんな時?

A.特に決まりはありませんが、鉢ものは季節によってバリエーションが豊富なうえ、金額もいろいろとあり、選択肢が多いです。また「鉢もの」とひと言で言っても、花を楽しむものから、葉を楽しむ観葉植物までいろいろとあります。ただし、お見舞い時には、鉢物は「根付く」とされますので避けましょう。

Q.覚えておきたい花贈りのマナーは?

A.地域によって様々ですが花贈りで通常言われているマナーは以下のとおりです。

  • 新築祝い=赤色の花(=「火」を連想させるる)を避ける
  • お見舞い時=香りのきついもの(=ユリなど)を避ける
  • お見舞い時=「鉢もの」は避ける
  • お悔み時=トゲあるもの(=バラなど)を避ける

(地域によって様々ですので、最寄りの花屋でご相談ください。)