フラワーバレンタイン2015 ロゴデータの使用について

ロゴを使用して各地にあわせた活動を

 「フラワーバレンタイン2014」に参加協賛金(1口1万円~)をいただいている参加企業・団体の皆様は、各自が計画しているイベントや普及啓発活動でのチラシや掲示物などに「フラワーバレンタイン」ロゴマーク(商標登録出願中 出願番号:商願2013-94670号)を使用していただくことが可能です。使用に当たってはガイドラインをご確認ください。
LinkIcon「ロゴマーク使用規定・ガイドライン」印刷用PDFファイルはこちら

2015ロゴ使用申込書(PDF)
2015ロゴ使用申込書(ワード)

使用規約

「フラワーバレンタイン」ロゴマーク使用規約

1.目的

  「フラワーバレンタイン」ロゴマーク使用規約(以下「本使用規約」といいます。)は、「フラワーバレンタイン」に参加する企業・団体が、自己の参加を示すために、「フラワーバレンタイン」ロゴマーク(商標登録出願中。出願番号:商願2013-94670号。以下「ロゴマーク」といいます。)を使用するに際して、遵守すべき事項を定めるものです。

2.ロゴマークの使用承認等

( 1)「フラワーバレンタイン」に参加するすべての企業・団体(政治団体及び宗教法人を除きます。)は、別記第1号の申請書を「フラワーバレンタイン事務局」(以下「事務局」といいます。)に提出し、ロゴマークの使用承認を受けることによりロゴマークを無償で使用することができます。
( 2)ロゴマークの使用承認には事務局に申請書類が到着してから10日間程度を要しますので、余裕を持って申請してください。
( 3)企業・団体は、ロゴマークの使用に関する権利を第三者に譲渡、担保提供若しくは転貸し、又は代理使用を許諾することはできません。
( 4)個人資格(企業・団体の構成員を含む。)での参加はロゴマークを使用することができません。
( 5)ロゴマークの使用承認を受けた企業・団体が「フラワーバレンタイン」の参加資格を喪失した場合、当該企業・団体はロゴマークを使用することができません。
( 6)ロゴマークの使用承認は、年度ごとに行う必要があります。年度を超えたロゴマークの使用は、原則行うことができません。また、このような事例があった場合は、「フラワーバレンタイン」の参加資格を喪失することがありますので、ご注意ください。

3.使用方法

( 1)企業・団体はフラワーバレンタインが定める「ロゴマーク使用ガイドライン」に従い、自由にロゴマークを使用することができます。ただし、次のような使用をすることはできません。
 1. 営利活動と結びつけて使用すること(注釈※1)
 2. 提供する商品やサービスの品質を担保・証明するものとして使用すること
 3. 法令や公序良俗に反するような方法で使用すること
 4. その他「フラワーバレンタイン」の趣旨に明らかに反するような方法で使用すること
注釈※1:本規約で指定する営利活動とは、商品パッケージや商品のカタログ、販売チラシ、販売を伴うホームページ(eコマース)等、直接的に販売に結びつく顧客接点に該当します。商品パッケージ等、オリジナル資材での利用には、別途、「公式グッズ」としての認証が必要です。またホームページ(eコマース)での利用には、「ネット販売参加」の申し込みが必要です。
( 2)企業・団体は、ロゴマークの使用にあたり、自己が「フラワーバレンタイン」に参加、応援していることを示す文言を付記しなければなりません。

4.規約の改訂

本活動規約は、事務局により、事前の通知なく、必要に応じて改訂される場合がありますので、ご承知ください。

附 則

本使用規約は、2014年12月25日から施行します。