参加方法について(2013年版)

フラワーバレンタインとは

「フラワーバレンタイン」は2月14日のバレンタインデーに、男性から女性へ花を贈る文化を社会に浸透させるための業界統一キャンペーンです。花き業界の有志で組織されたフラワーバレンタイン推進委員会では、この活動趣旨に賛同いただける生花店、企業、団体の皆様からいただく参加費をもとに、販促をサポートするツールや情報の提供を行う他、花き業界からの情報発信のためのイベントやキャンペーンを展開します。

キャンペーンの仕組み

業界統一キャンペーン「フラワーバレンタイン」は、下記の販促活動・PR活動を行い参加者のバレンタインデー期間の販売促進を力強くバックアップします。

  1. 参加者へ販促支援ツール(ポスター、タグ、チラシ等)の企画制作と配布
  2. 広報活動、ウェブの運用、各種キャンペーン、イベントの開催等のプロモーション活動

フラワーバレンタインの活動費は、花き業界関係者の参加費・協賛費で運営されています。
フラワーバレンタイン推進委員会と、下部組織のワーキングチームの運営は、業界の有志によるボランティアで行われています。

shikumi.png

募集期間

  • 2012年10月10日(水)~2013年1月31日(木)
  • ※IFEX会場でも、参加申込を受け付けます。

参加費

  • 1口:1万円(税込)/1キットより

(フラワーバレンタイン推進委員会は、業界関係者の参加費・協賛費で運営されています)

特設WEBサイトへの掲示

  • 2012年12月上旬より

ツールキットのお届け

  • 2012年12月上旬より順次発送

お申込み手続きの流れ

  • (参加申込書は業界関係者向けWEBサイトからダウンロード(www.jfpc.or.jp/valentine/)してください)

flow.png

申し込み用紙 ダウンロード

参加方法

(キットの種類についてはこちら)



一般参加 ネット参加
  参加費用 1口:1万円(税込)
  ツールキット提供

ポスターB2版(ピンク)×2枚

商品タグ×100枚

キャンペーンチラシ×500枚

ブログパーツのデータ

WEB製作用 素材データ(CD形式)

オリジナル缶バッジ×3個

×

×

×

×

 

特設WEBサイト

への掲載内容

 

消費者に商品販売をする場合

(消費者向け販売店舗の案内コーナー

店舗一覧ページへ店舗情報を掲載

※店名、住所、電話/FAX、指定URLへリンク

口数×1箇所

 

店舗一覧ページへバナーを掲載

※掲載順は参加口数、申し込み順となります

10口以上での参加のみ


消費者に商品販売をしない場合

(協力・協賛団体の紹介コーナー)

協力企業・団体一覧ページに掲載

※企業・団体名、指定URLへのリンク

口数分


協力企業・団体一覧ページにバナー掲載

※掲載順は参加口数、申し込み順となります

10口以上での参加のみ

データダウンロード

チラシ、POP等、数量

  共通プロモーション

公式WEBサイトの制作・運用

プレゼントキャンペーンへの参加

メディアや商業施設とのタイアップ等のPR活動

  その他 販促キットに含まれるツールの追加購入 10口以上での参加のみ

協賛

フラワーバレンタインを普及するために、協賛を募ります。協賛いただく費用や商品はメディアや商業施設とのタイアップ、イベントの実施など、フラワーバレンタインの啓蒙活動・共通プロモーションに活用します。

東北地方の被災県支援(参加費の免除)

□ 趣旨
フラワーバレンタイン推進委員会は、東日本大震災で被災した生花店・業界関係者の販売支援と地域の消費活性を願い、昨年に引き続き、希望される対象者の2013年参加費を免除するサポートを行います。
□ 対象者  
岩手県・宮城県・福島県の3県からの「一般参加」対象者
※受付期間、及び販売支援の内容は「一般参加」に準じます
□ 参加費免除の規模
参加費免除は1口分のみとなります。1対象者につき1口分の参加キットをお届けします。
大口参加(10口以上)の申込みには、11口以上で1口分の免除となります。

公式グッズのライセンス販売

販売商品へ『フラワーバレンタイン』の名称表記やロゴを掲出する公式グッズを企画・販売することができます。LinkIcon公式グッズの事例はこちら