HOME > ちょっと楽しい花のインテリア > 2009年の受賞作品集

 
 GOOD MORNING
 
  朝、起きたらすること。・顔を洗う・トイレに行く・歯を磨く。
そこに花があると、「よぉし 今日も一日頑張ろう」とても前向きな気分になれそう。
うちでは、洗面台とお手洗いのタンクのところに一輪挿し。まだ半分しか開いていないわたしの眼に、鮮やかな色彩が飛び込んできます。
朝ご飯の準備をするキッチンのカウンターからも「おはよう」とずらりと花たち。こうしてご機嫌な朝がスタートします。
  大阪府 犬童早月さん
 
 

 
 食卓を楽しく
 
  あけびのつるでパン皿を編みました。秋の花と焼きたてパンを一緒に盛り付けて、ランチタイムを楽しくします。
お花は、おちょこにスポンジを入れて生けてあります。食卓に花があると、一品お料理が増えた気持ちになります。
  東京都 小山玲子さん

 (タイトルなし)
 
 

家は小さな和菓子やですが、看板下の一角にはいつも季節の花々を活けています。
お客様の大半は“花よりだんご”
でも“お花が見たくて入って来ちゃいました”と言ってくださる方もいて、やっぱり花のパワーはすごい! と思うのです。
三月、桃の節句には、紙粘土で作ったおひな様と春の草花を使って“花の宴”をイメージしてみました。

  東京都 中村恵子さん

 お花でお茶しましょう
 
  ティータイムには、庭の花をつんできて、皿に盛り付けてのおもてなしをいたします。
お菓子がなくても心もお腹も満たされますよ。
  神奈川県 山本京子さん

 コラボした つるうめもどき
 
  友人からいただいた「つるうめもどき」を私が染めた「さるとりいばら」のタペストリーといっしょに飾ってみました。
つるうめもどきも、さるとりいばらも私の故郷の野山を彩る、秋の植物。故郷が偲ばれます。
今、我が家の玄関では、内と外でつるうめもどきがお客様をお迎えしています。
  静岡県 宮口みはるさん

 スミズミまで花
 
  畑でとれたおやちゃい達、竹ちゃん、ビックリ栗ちゃん。 この際何でも炭にしちゃえ!ピッカピカのまっくろ黒助。
いい顔をしてる。器の中でおいしくおしくらまんじゅう。そこへレモンのマリーゴールド姫。いい香り。
我も我もと赤いお顔のボボちゃんも加わって花合唱。玄関を開けるとそこはもうメルヘンランド。
(飛騨地方では小さい実の事をボボといいます)
  三重県 鈴木幸代さん