「花っていいよね。キャンペーン」を推進しています

logoset02.jpg


花や緑で暮らしをゆたかにし、もっと消費者に花の魅力、すばらしさを伝えるための活動として、“花っていいよね。キャンペーン”を始めました。

一般公募で選ばれた「お花のコミュニケーション・ワード」とシンボルマークとなるフィオリスタ・マークを使って、業界が一丸となって花と緑のもつ日々の暮らしへの潤い・癒し、ハレの機会の演出、愛や感謝を伝える力などを伝え、花きの利用・消費・購入の気運づくりを行います。

フラワーショップ、生産者、流通・市場関係者一人ひとりが自らキャンペーンの担い手となって、さまざまな販売促進を進め、消費者に対して花き購入機会を広げていきます。